SCROLL
SCROLL
承けつぎ 創り 伝える

王地山焼の始まりは江戸時代中頃、文化文政期(1804~30)。当時の篠山藩主であった青山忠裕(あおやま ただやす)が、三田藩で青磁焼成に成功した京都の名工、欽古堂亀祐(きんこどう かめすけ)を指南役として迎え、王地山の地に築いた藩窯がそのルーツです。嘉永年間(1848~54)に最盛期を迎えましたが、明治2年(1869)に廃窯となり、一時は幻の磁器となってしまいました。しかし昭和63年(1988)、有志によって復活。100年以上の時を経て蘇った王地山焼は、その美しい色合いと繊細な表情が高く評価されています。

NEWSお知らせ

Instagram

  • 竹内保史 作陶展

  • 竹内保史 作陶展

  • Live Love ひょうご

  • ちんゆいそだてぐさ

PRODUCTプロダクト

ACCESSアクセス

SHARE ON

  • facebook
  • instagram